広布史history

ホーム広布史牧口初代会長と下田

牧口初代会長と下田

「羊千匹よりも、獅子一匹たれ! 臆病な千人よりも、勇気ある一人がいれば、大事を成就することができる」

牧口常三郎(まきぐちつねさぶろう)初代会長は常々、訴えている。その模範の姿を、自らの生き方を通して示してきた。

戦時下の日本は、国家神道を精神的支柱とし、全ての宗教に神札をまつることを強要。しかし、牧口会長は「信教の自由」を奪い取る権力の横暴に“これこそ亡国の原因”と、毅然と拒否したのである。

やがて、牧口会長は、特高刑事の厳しい監視にさらされていく。

しかし、一国が滅びゆくことを憂え、民衆の幸福のために正義を叫び続けた。
舌鋒鋭く軍部への批判に及んで、「発言そこまで!」と刑事に制止されることも、1度や2度ではなかった。

下田牧口記念会館に立つ「牧口常三郎先生 法難頌徳(しょうとく)之碑

1943年(昭和18年)7月6日。ついに、牧口会長は、静岡の下田で官憲に連行される。容疑は、治安維持法違反と不敬罪であった。

その後、冷たい牢獄に閉じ込められた牧口会長は、翌44年(同19年)11月18日、72歳で獄死した。

牧口会長の生涯で、最後となった広布旅の天地――それは、下田となった。

この下田の地には今、下田牧口記念会館が立ち、敷地内には「牧口常三郎先生 法難頌徳之碑(ほうなんしょうとくのひ)」が設置されている。
碑文には、こう刻まれている。

「師子は、一度立ちて再び還らず。されど弟子から弟子へ、殉難の魂魄(こんぱく)我らに留まれり。法滅(ほうめつ)の闇を払ひて、創価の法城に結集せる地涌(じゆ)の同志は一千万。先生が身命もて守られたる、幸と平和の広布の慧光(えこう)は遍(あまね)く世界を包みたり」

「後継の志いよいよ熾(さか)んなり。先師、我らの誠を嘉(よみ)せられんことを願ひつつ、その理想と偉業に光あれ」