ニュースnews

ホームニュース
3月23日(Wed)

3月23日(Wed)

雄大な富士山麓に広がる富士桜自然墓地公園で、17日から23日まで、「春季彼岸勤行法要」が厳粛に営まれ、連日多くの墓参者が出席した。 ある墓参者は、「きれいに整備されたこの墓地公園の景色に、いつも感動し、気持ちが晴れやかになります」と声を寄せた。

2月 7日(Sun)

2月 7日(Sun)

静岡総県芸術部の「アーティストフォーラム」が7日、清水文化会館で開かれた。 北條実行委員長のあいさつの後、小澤さん夫妻が、トランペットとピアノによる二重奏を披露し、参加者から惜しみない拍手が送られた。青木総静岡総合芸術部長があいさつした。

1月 25日(Mon)

1月 25日(Mon)

青年部が主催するユースフォーラム「青年力で開く日本の未来」が25日、浜松南文化会館で行われた。 「“多文化共生社会”の実現へ」と題し、一般社団法人「グローバル人財サポート浜松」の代表理事・堀永乃氏が講演。日本の多文化共生への歩みに触れ、いまだ在住外国人とのコミュニケーションが欠けていることに言及。それぞれの多様性を生かし、相互の発展のために、異文化交流を深めてもらいたいと語った。

2016年 1月 2日(Sat)

2016年 1月 2日(Sat)

歓喜と決意みなぎる新年勤行会が、県内各地で盛大に行われた。 白雪の富士が見守る清水文化会館では1日、晴れやかに集い合った友が勝利の一年を誓い、記念のカメラに収まった。

10月 4日(Sun)

10月 4日(Sun)

音楽隊OBの集い「総静岡広布楽雄会」の結成勤行会が4日、静岡文化会館で行われた。杉山県総合幹事らがあいさつ。河内楽雄会書記長の後、佐野総静岡長が励ました。

10月 3日(Sat)

10月 3日(Sat)

総静岡青年部主催の連続講座「静岡サン・ライブフォーラム」が3日、静岡文化会館で開かれた。 静岡県立大学国際関係学部助教の比留間洋一氏が「アジアの留学生と共につくる未来の日本社会――来日ベトナム人EPA(経済連携協定)候補者の事例から考える」と題し講演。東南アジアの留学生が介護福祉士の取得を目指す取り組みなど、日本ができる貢献について語った。

9月27日(Sun)

9月27日(Sun)

青年部教学試験1級が27日、県内8会場で行われ、600人を超える友が挑戦した。静岡文化会館では、佐野総静岡長が、世界第一の生命哲学の極理に挑む受験生を激励した。

9月27日(Sun)

9月27日(Sun)

浜松池田県の未来部育成教育セミナー「子育ておひさまひろば」が27日、浜北文化会館で開催された。 保育園・幼稚園に勤める教育部員らが「乳幼児期の脳そだて」をテーマに講演。手遊びや読み聞かせなども行った。参加者からは「食事や睡眠の大切さをあらためて知る機会になりました」「声掛けやスキンシップを増やしていきたい」などの声が寄せられた。

9月21日(Mon)

9月21日(Mon)

雄大な富士の裾野に広がる富士桜自然墓地公園(富士宮市)で、秋季彼岸勤行法要が営まれた。 コスモスの花が咲き誇る園内に、首都圏各地から多くの墓参者が訪れていた。

9月 6日(Sun)

9月 6日(Sun)

世界広布新時代第1回の静岡県青年部総会「Shizuoka サン・ライブ 2015」が6日、静岡市駿河区のグランシップで行われ、約6000人が集い合った。 テーマは「勝利の太陽! 照らそう世界を!!」。池田名誉会長が出席した第1回静岡青年平和文化祭(1985年9月)から30周年の佳節を記念するものである。 女子部がダンスを(写真)。また迫力の和太鼓や息の合った合唱、音楽隊・鼓笛隊の演奏など、2000人を超える出演者による演目が、次々と披露された。 フィナーレでは、総会のテーマ曲「勝利の太陽」を参加者全員で合唱した この日、参加した青年部全員が「サン・ライブ勝利の太陽グループ」と命名された。

8月15日(Sat)

8月15日(Sat)

富士山麓に広がる富士桜自然墓地公園(富士宮市)では15日、来園者が1200万人を超え、記念のセレモニーが開かれた。1200万人目となったのは、神奈川・横浜市南区在住の木村さん。1200万人の前後にあたる海上さんと鈴木さんにも記念品が贈られた。忍田副会長が祝福し、記念のカメラに納まった。

8月 1日(Sat)

8月 1日(Sat)

希望の対話を育む場として「創価ライブラリー」が、静岡文化会館にオープンした。池田名誉会長の著作をはじめ、国内外で出版されている学会関連の書籍などが置かれ、手に取って読んだり、友人と語り合うことができるスペースも設けられている。また、購入したい書籍は、同ライブラリーに設置されている電話・FAX・タブレット端末から、SOKAオンラインストアに注文できる。利用できる時間は、午前10時から午後8時まで。

< 戻る 123 次へ >